真言宗豊山派
HOME年中行事 >Vol.4 ねはんえ(涅槃会)について

仏教年中行事のおはなし

Vol.4

ねはんえ(涅槃会)について

イメージ  2月15日はねはんえといって仏教の開祖、お釈迦しゃかさまの御命日です。紀元前550年、いまから2500年前のことです。おしゃか様はインドのシャカ族の王となるべきかたでしたが、政治や身分をすててより深く人生の真実を探求たんきゅうする志こころざしを立て、29才で出家しゅっけされました。6年の苦行くぎょうののちにその苦行もすてて、35才で御自身の進むべき道を確認されました。これを「おさとり」とか「成道じょうどう」と申します。覚さとれる人(ブッダ)となったおしゃか様はその後45年の長きにわたってインド各地をまわられ、人々に生きる方向を示され、80才の2月15日に入滅にゅうめつされました。お釈迦さまのことを人々は心から敬うやまって釈尊しゃくそんとお呼びします。
  釈尊は生涯を通じて真実なるものを探求され人々の心を迷信めいしんから解放かいほうされ、自由と平等を主張され、神話の神などではなくて、練りあげられた、よりよく整ととのえられたい人格を光として、敬虔けいけんにしかも力づよく生きることを教おしえられました。
  釈尊しゃくそんの最後のおことばはこうです。「弟子でしたちよ、すべてはうつろっている、おこたることなく努力しなさい」と。そして釈尊の80年のご生涯しょうがいこそまさに精進しょうじん努力そのものであったのです。仏教の主張である寛容かんよう、慈悲じひ、自由じゆう、敬虔けいけんな祈いのりという旗じるしは、2500年後の現在まで広く深く、世界の人々に生きつづけているのです。なおこの日に各寺院の本堂に掛けられる掛け軸じくは「涅槃図ねはんず」といって、釈尊の御臨終ごりんじゅうの場面を画いたもので、『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』という経典に依っています。弟子たちや動物たちまでも、この人類の指導者の死を悲しんでいます。一番外側にいる神々たちは、インドのさまざまな宗教の神々で、そういう信仰を持つ人々も皆が悲しんでいることを図示しているのです。仏教にはめずらしいこのドラマティックな情景は、芸術家たちの心を刺戟して、昔から時代を代表する画家たちが競きそってねはん図を画き、現在まで立派な作品が沢山残っております。
約300年前、江戸中期の作品です。

イメージ

真言宗豊山派総合研究院院長 加藤精一

仏教年中行事目次へもどる→

このページのトップへ