真言宗豊山派
HOME >おつとめ

おつとめ

イメージ  おつとめとは、お仏壇に向かってお経をあげることです。お経という聖なる言葉にのせて、あなたの思いを仏さまやご先祖さま、そして亡くなった方に屆けることなのです。
 おつとめをする時には、必ず手を洗い、口をすすいで身を清め、念珠を左手にし、仏壇の前で姿勢を正します。
 お灯明をともし、線香をつけ、合掌して、ていねいに三度礼拝します。静かに呼吸をととのえて心を落ち着かせ、仏さまを仰ぎ見て、やさしく念珠をすり左腕にかけます。
 次にお経の本を両手でいただいてから開きます。お経は一字一句おろそかにせず、心を集中して間違えないよう唱えます。声は高すぎず低すぎず、長い時間唱えていても、のどに負担がかからないよう、そして同じ速さで読みます。息は苦しくなる少し前に、余裕をもって息つぎをします。(尚、お経本は、必ず手に持つか、机の上に置いて読み、床にじかに置いてはいけません。)
 慣れてくると、お経本から目を離し暗唱しがちですが、なるべく暗唱せずに、一字一字を見ながら唱えるようにしましょう。
 お経を唱え終わったら、ふたたび念珠を両手にかけ合掌して、自分の願いを仏さまに心から祈ります。
 おつとめが終わったら、ていねいに三度礼拝し、静かに立ち上がり、退室します。 お灯明を消すことなど、忘れないようにしましょう。

このページのトップへ