真言宗豊山派
HOMEおつとめ >観法

おつとめ

観法

阿字観本尊、月輪本尊  真言密教にも禅宗の坐禅のような瞑想法があり「観法」と呼びます。「阿字観あじかん」や「月輪観がちりんかん」が代表的なものです。それら進め方についての伝えが種々ありますが、「自己をみつめる」「仏を観じようとする」「世界と自分はひとつ」と観じることなどが目的となります。
 禅宗では壁に向うなどして静かに瞑想しますが、真言宗では写真のような絵(阿字あじと月つき)を本尊として掛け軸にしたものの前で行います。
 できるだけ静かな場所と時間を選び、姿勢を正して、しかもゆったりと安らかに坐ります。呼吸を整えて“阿字”あるいは“月輪の模様”に意識を集中し、心に留めます。この状態からこれらを徐々に大きくしていきます。(本来、指導者に師事し行うものですので、ここでの詳しい説明は省略します。)
 真言宗では、これら「阿字観」や「月輪観」などを実践し、自己を見つめ、仏を観じようとするのです。これら「観法」は真言密教の実践修行のひとつです。

 

このページのトップへ