真言宗豊山派
HOMEおつとめ >写仏

おつとめ

写仏

写仏の様子  仏さまのすがたを写すことを、写仏といいます。仏さまを描くとなると大変難しいことと思われますが、絵画を描くのとは違い、お手本となる下絵がありますので、どなたでも安心して描くことができます。
  写経と同じく、一心に描くことで、心が満たされ、落ち着き、澄みわたるような感覚になるのではないでしょうか。心をこめて、ていねいに描き写せばよいのです。
  写仏に必要な材料は、お手本となる下絵、筆(面相筆や蒔絵用の筆)、墨、硯、写仏に適した紙(下絵が写るもの)、クリップ、文鎮、などをはじめ、ご自分で必要と思われるものを準備しておきましょう。
 進めかたは、まず下絵図像に紙をのせ、上部2か所をクリップでとめます。(下絵をもう1枚用意できれば、それを見やすい所におき、見ながら描くとなお一層よいでしょう。)
  描き写し始める個所は、特に決まりはありません。描きやすいと思う個所から始めます。ただしお顔は筆がなれたころに描くとよいでしょう。さらに目と白毫びゃくご(眉間にある円形の尊いしるし)については、最後に写している仏さまの宝号をお唱えし、心を落ち着かせてから筆を入れます。尚、手の動きにより、紙を横にしたり、斜めにしても構いません。
 描きあがった仏さまの姿を見ると、何とも言えないあたたかい心が伝わってくるのが感じられるのではないでしょうか。

(ご指導の先生によって進め方は異なりますので、それにお習い下さい。)

真言宗豊山派仏教青年会HP内 写仏講座へ

このページのトップへ