真言宗豊山派
HOME真言宗 >歴史

歴史

仏教の流れ

マハーボーディ寺院 仏教は、約2500年前の4月8日(花まつり)、ヒマラヤ山脈の南のふもとルンビニーでお生まれになったお釈迦さまが、何事も思い通りにならないと知りながら、思い通りにしようと願う人間の苦、自我欲望の克服のために修行を重ね、35歳の12月8日(成道会じょうどうえ)、お悟りを開かれたことに始まります。
 80歳の2月15日(涅槃会ねはんえ)、人間としての仏陀の境地からさらに完全な寂静じゃくじょうの境地・涅槃に入られました。その後、多くの弟子達が結集けつじゅうし、お釈迦さまの説法集である経典、個人・教団の戒律集である律典が成立しました。ただしお釈迦さまの死後2〜300年間は口伝くでんであり、紀元前1世紀頃パーリ語で明文化され、さらには教説の整理分類の研究の必要から論文集である論典が著されました。
 紀元前2世紀頃には、戒律の実践や物や心の考え方の相違をめぐって二派に分かれ、紀元前2世紀頃からその後200年にわたって、20部派に分裂し、紀元前1世紀頃から大乗経典が登場することになります。この流れは教えの研究と論争、教団の分裂という学問仏教から、生きとし生ける人間を中心とした大衆仏教への展開でもあります。7世紀中期には、密教の根本経典である『大日経だいにちきょう』、『金剛頂経こんごうちょうきょう』が成立するなど、八万四千(はちまんしせん)の法門といわれる仏典は、一千年に及ぶ期間において編纂され、大蔵経だいぞうきょう、一切経いっさいきょうとしてまとめ上げられました。
 このようにインドに起こった仏教は、時代とともに、そして伝播の経路により、分派、変化してきました。西域(中央アジア)を経て、中国には前漢の哀帝あいてい代、紀元前2年(諸説あり)に、朝鮮には高句麗こうくりに370年代に伝来し、日本へは欽明天皇代の538年(552年説あり)が仏教公伝(百済くだらの聖明王せいめいおうが使者を遣わし仏像、仏具、経巻を送ったという伝来)と言われています。
  その後、聖徳太子が仏教の理想に基づく統一国家の建設を目指し、法隆寺を建立したり(飛鳥文化)、奈良時代には唐の都長安にならい、律令国家にふさわしい平城京を造営、聖武天皇は東大寺建立、国分寺を建立するなど、国家仏教的性格は強いものの天平文化の花が開き、桓武天皇による平安遷都、そして弘法大師空海の時代となるのです。

真言宗の成立

開宗の背景

 南都六宗(法相宗ほっそうしゅう、三論宗さんろんしゅう、成実宗じょうじつしゅう、倶舎宗くしゃしゅう、律宗りっしゅう、華厳宗けごんしゅう)と呼ばれる奈良仏教は、一口に国家仏教、学問仏教というべきものでした。
寺院は官寺かんじであり、僧尼は官吏かんり(国家公務員)でした。そして律令体制のもとで主に呪術的な祈願にたずさわり、体制をささえる役割を果していました。
 僧侶たちも人々の苦しみを救うという仏教本来のつとめよりも、むずかしい理論研究におちいりがちでした。
 しかしやがて本来の使命に目覚め、人々のために生きようとする僧侶たちにより、山林に苦修練行くしゅれんぎょうして自らを磨き、世のため人のために働こうとする民衆仏教が芽生えてきました。
 また平安遷都に伴い、新しい国づくりを目指す日本にとっては、その原動力となるような生命力に満ちあふれた、新しい教えの出現が求められていました。
 このような時代的、社会的な課題を踏まえて、真言宗は開かれたのです。

開宗の意義

青龍寺 こうした背景の中で、人生の苦しみを本当に救う正しい仏教を求めて、その頃世界第一の文明国であった唐の国へ留学した弘法大師は、その都長安(今の陝西省の西安)の青龍寺しょうりゅうじで、インド以来の密教の正統を伝える第一人者、恵果阿闍梨けいかあじゃりにめぐり合い、その教えを始めとして、儀礼、法具、経典類まで、あますところなく受け継いで、密教の正統な伝承者(付法ふほう、伝持でんじの第八祖)となると共に、世界最新の知識や見聞を身につけて帰国されました。
 そして恵果阿闍梨の遺誡ゆいかいに従って、仏教の正しい伝統を踏まえた上で、広い視野と的確な識見にもとづいて密教の教えを組織づけ体系づけて、真に生命力あふれた、時代即応の真言宗として開宗されたのです。

このページのトップへ