真言宗豊山派
HOME真言宗 >密教の祖師

密教の祖師

付法の八祖と伝持の八祖

 真言宗は、我が国において弘法大師によって開かれた宗派です。
  密教はインドで成立し中国を経て日本の弘法大師こうぼうだいしに伝えられたのですが、その弘法大師を含めて八人のお祖師さまがおり、八祖として尊崇そんすうしおまつりしています。
 真言八祖しんごんはっそには、「付法の八祖」と「伝持の八祖」の二通りがあります。
 まず付法の八祖は、大日如来だいにちにょらい金剛サッタこんごうさった、龍猛菩薩りゅうみょうぼさつ、龍智菩薩りゅうちぼさつ、金剛智三蔵こんごうちさんぞう、不空三蔵ふくうさんぞう、恵果和尚けいかかしょう、弘法大師をいい、秘密法流の正系を示すものです。
 次に伝持の八祖とは龍猛菩薩、龍智菩薩、金剛智三蔵、不空三蔵、善無畏三蔵ぜんむいさんぞう、一行阿闍梨いちぎょうあじゃり、恵果和尚、弘法大師をいい、歴史的に密教の伝持弘通でんじぐずうに努められたお祖師さまです。
 伝持の八祖像をみますと、龍猛菩薩は三鈷杵さんこしょ、龍智菩薩は梵経ぼんきょう、金剛智三蔵は念珠を持ち、不空三蔵は外縛印げばくいん、善無畏三蔵は右手の人指し指を立て、一行阿闍梨は衣の袖下で印を結び、恵果和尚は童子を伴い、弘法大師は五鈷杵ごこしょを持っておりますので、そのお姿や持ち物により見わけることができます。

龍猛菩薩 龍智菩薩 金剛智三蔵 不空三蔵
善無畏三蔵 一行阿闍梨 恵果和尚 弘法大師
このページのトップへ