開運(霊感)商法による詐欺被害について

  昨今、寺院住職が加担したとされる悪質な開運(霊感)商法による詐欺被害の増加が、テレビ・雑誌・インターネット等で取り上げられております。これらは、業者が寺院に対して祈祷・祈願を依頼し、一般信者に物品を売りつけ祈祷・祈願を強要し、高額な代金を請求する悪質な開運(霊感)商法の手口であると考えられます。また、その高額な代金の振込先として寺院名義の口座が使用されていたことが、被害拡大に繋がったとみられます。
  このような詐欺行為は断じて許されるものではありません。真言宗豊山派では本宗派寺院に対し、不審な業者からの祈祷・祈願の依頼に応じないよう注意喚起を行い、また当然のことながら寺院運営について寺院規則及び宗教法人法に関わる法令等を遵守すべきことを常に指導いたしております。

平成28年10月19日

真言宗豊山派宗務総長
                星 野  英 紀


 改めて過去帳開示の禁止について

  寺院にとってきわめて大切な記録である過去帳は、かねてよりいわば「亡くなった檀信徒の戸籍簿」とも言えるもので、個人情報の詰まった記録であります。それゆえ、第三者への開示は禁じられてきました。しかし、それは当該寺院の歴史を記した記録という性格もあり、昨今の歴史ブームのなかで、好事家たちに乞われるままに、いわばうっかり第三者に開示してしまうこともあり得ると考えます。そうしたことは、故人の親族等にとって、当該寺院の不用意な行動、民主主義社会における人権弾圧の行動と写るのではないでしょうか。それゆえに、私たち寺院関係者はいかなる理由があろうとも、第三者に対して過去帳を開示することは許されません。改めて確認するところであります。

平成28年10月19日

真言宗豊山派宗務総長
                星 野  英 紀


「平成28年熊本地震」により被災された方々へ
真言宗豊山派庁舎写真

  去る4月14日以降、連続して発生した熊本地震によって被災された皆さまには、謹んでお見舞い申し上げます。
  犠牲になられた方々のご冥福を衷心よりお祈りし、ご遺族に対し心からお悔やみ申し上げます。
  一日も早く、一人でも多くの方が、この苦難を乗り越えて、心穏やかに過ごせる日々が訪れますよう祈念致します。
  全国檀信徒の皆さまにおかれましても、宗祖弘法大師の、世を救い助けて人のために尽くす「済世利人」の精神をもって、被災された方々へご支援いただければ、誠に幸いに存じます。

平成28年4月

真言宗豊山派
総本山長谷寺

TOPICS

豊山派とは

各種ご案内

災害対策室

真言宗豊山派災害対策室

災害にどのように向き合い、今後の災害に対して宗派や寺院がどう対応していくべきかについて

閲覧する >>>

福祉基金

真言宗豊山派福祉基金

真言宗豊山派福祉基金は、平成6年4月の発足以来、みなさまの絶大なるご賛同とご協力を賜り、さまざまな救援活動を行っております。

閲覧する >>>

豊山派寺院専用

豊山派寺院専用サイト

各種申請書等のダウンロード等、真言宗豊山派寺院、教会、教師を対象としております。

専用サイトへ >>>


行事/歳時記

5月

おもな行事

  1日   野須坂市・米子不動尊ご縁日
  5日   専誉僧正恩徳会
10日   相馬妙見歓喜寺東奥聖天尊浴油供
15日   米沢法音寺青葉祭
16日   高知津照寺漁業殉職者慰霊祭

暮らしの歳時記

端午の節句

五節句の一つ。
月の端はじめの午の日を指したが、午と五がすり替わって5月5日となった。
天皇に菖蒲を献上し、臣下に薬玉を賜ったことから菖蒲の音が尚武へと結びつき、男の子の逞しい成長を願う初節句となった。粽や柏餅を食べる。


歳時記
生活メモ

季節のあいさつ

○立夏の折 ○目に鮮やかな新緑の時節 ○藤花の候 ○青葉のみぎり ○緑照り映える今日この頃 ○強まる日差しに夏への移ろいを感じる


健康の知恵

新緑の美しい頃。休日は郊外へ足をのばして森林浴はいかがでしょうか。さわやかな空気の中で五感を働かせながら散策を楽しめば、心も体もリフレッシュできます。